法人概要

基本理念

社会福祉法人池上長寿園とは

 戦後の混乱の中、経済・住宅事情、家族状況、心身の障害などのため援助を必要とする高齢者の生活は極めて窮迫していました。このような高齢者を支援するため、1,200人を超す大田区内の婦人団体の人々が2年間にわたり、募金、バザーなど「草の根」の運動を展開し、昭和37年9月に法人設立、養老施設池上長寿園(現在の養護老人ホーム池上長寿園)が開園しました。



 昭和63年10月には、家庭では継続的な介護や支援が困難な高齢者のため、大田区が設置・開設した特別養護老人ホーム羽田及び羽田高齢者在宅サービスセンターの運営を受託しました。その後も、大田区の高齢者福祉施策に基づき、区立施設の受託運営を担うようになり、平成18年からは、大田区指定管理者として多くの区立施設を経営するとともに、法人のルーツである養護老人ホーム池上長寿園、ヘルパーステーションやケアプランセンターを自主事業として設置・経営しています。
 また大田区は、平成27年度に特別養護老人ホーム及び併設高齢者在宅サービスセンターの一部(羽田・池上・大森)の民営化を決定しましたが、その運営法人にはこれまでの実績が評価され、池上長寿園が選定されました。

法人理念「未来への創造」

福祉の未来・地域の未来・利用者の未来・社会福祉法人の未来・自分自身の未来を考え創り上げます。
社会福祉法人池上長寿園は、与える福祉から選ぶ福祉を確立し、高齢者が地域に住み続けられるための役割や責任を果たしたいと考えています。
また、利用者一人ひとりの幸せを希求し、社会福祉法人として選ばれるサービスを提供できる組織といたします。
職員は自ら選択した福祉との関わりに誇りを持ち自己実現に取り組み、輝かしい未来を創り上げます。

経営方針 社会福祉法人としての経営基盤の確立


社会福祉法人池上長寿園は、自らが掲げる理念に基づき、更なるサービスの向上により、適正な収益を確保し、更に安定的な財務基盤を構築できる法人経営へと転換させます。また、理念に基づく方針及び関係法令等を遵守し、公共的・公益的かつ信頼性の高い経営に努め、社会福祉法人としての経営基盤の確立を図ります。



ページトップへ

  • 独立行政法人福祉医療機構
  • とうきょう福祉ナビゲーション
  • 大田区ホームページ
社会福祉法人 池上長寿園

〒146-0081 大田区仲池上2-24-8 TEL:03-5700-6171